出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都市バス「前乗り」導入へ 実験で時間短縮効果

現行と前乗り後降りの平均降車時間
現行と前乗り後降りの平均降車時間

 京都市交通局は12日、観光客の増加で車内混雑が目立つ市バスの乗降方式について、前方から乗って運賃を先払いし、後方から降りる「前乗り後降り」方式を順次導入する方針を表明した。昨年の実証実験で、乗降や停車にかかる時間の短縮効果があったとして決めた。近く一部路線で始め、最終的には全83系統のうち均一運賃区間の計61系統で実施を目指す。

 京都市バスは現在、後方から乗って前方の降り口で運賃を払う「後乗り前降り」方式を採用している。「前乗り後降り」の一部導入で方式が混在するが、市交通局は「市民や観光客への周知を徹底したい」とする。

 関東圏などでは逆の方式も多い上、京都の「後乗り前降り」は、地理に不慣れな観光客が降車口に近い車内前方に集まりがちで、後方の乗客が降りにくい。一方で「前乗り後降り」は、後方ドアが広い上、車両中央部にあるため、車内の前方、後方のいずれにも近く、降りやすい利点がある。

 実証実験は昨年10月と12月の週末の計5日間、1便あたり乗客数が最多で、清水寺や銀閣寺などの人気観光地を巡る100号系統で実施し、結果を「後乗り前降り」の状況と比べた。

 各バス停での1人当たりの平均乗車時間は、後乗りの2・9秒に比べ、前乗りでは運賃を支払う必要があるため4・4秒になった一方、降車時間は後乗りの3・6秒から前乗りでは1・9秒に短縮した。乗車と降車の時間を合わせると、後乗りの6・5秒に対して前乗りは6・3秒と微減した。

 前乗りでバスがドアを開けてから閉めるまでの停車時間の平均値は、後乗りに比べ11・5秒短かった。同局自動車部は要因について、1人当たりの平均降車時間の短縮効果が積み重なったことを挙げたほか、「後乗り前降りは、降りる客を優先するため、乗車まで待ってもらう場合もあったが、前乗り後降りでは前後のドアを同時に開けられた」と分析している。

 12日の市議会委員会で、市交通局は「乗客アンケートでも前乗り後降りにおおむね好意的な評価を得た。車両やバス停の改修など課題を解消しながら、できるだけ早い時期に可能な路線から導入したい」と説明した。

【 2018年01月13日 08時13分 】

ニュース写真

  • 現行と前乗り後降りの平均降車時間
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      タイ贈賄、元取締役ら在宅起訴
      初の司法取引、法人は不起訴

      20180720000094

       司法取引制度が初めて適用されたタイの発電所建設に絡む贈賄事件で、東京地検特捜部は20日..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ボクシングの井岡、米で現役復帰
      世界4階級制覇目標に

      20180720000075

       世界ボクシング協会(WBA)フライ級など世界3階級制覇を果たし、昨年大みそかに引退を表..... [ 記事へ ]

      経済

      JR山陰線新駅は「梅小路京都西」 19年春に開業

      20180720000114

       JR西日本は20日、梅小路公園(京都市下京区)の北側に2019年春に開業する山陰線の新..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都・宇治川の鵜飼21日再開へ 豪雨で半月以上休止

      20180720000082

       豪雨による京都・宇治川の増水で、半月以上にわたり休止していた夏の風物詩「宇治川の鵜飼」..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      京都薬科大など3薬科大が連携 薬剤師養成へ協定

      20180717000184

       京都薬科大(京都市山科区)と、星薬科大(東京都品川区)、明治薬科大(同清瀬市)は17日..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      倉敷は百年に1回の大雨
      西日本豪雨で分析

      20180720000078

       西日本豪雨で大きな被害が出た岡山県倉敷市周辺の24時間当たりの最大雨量は約200ミリで..... [ 記事へ ]