出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都の3姉妹、伸ばした髪寄付 医療用かつら「人の助けに」

(上)ヘアドネーションのために髪を長く伸ばしていた3姉妹、(下)短くなった髪型で笑顔=京都市伏見区・ピュアモードカヨ
(上)ヘアドネーションのために髪を長く伸ばしていた3姉妹、(下)短くなった髪型で笑顔=京都市伏見区・ピュアモードカヨ

 病で髪を失った子どもへの医療用かつら用に髪を寄付するため、京都市伏見区の3姉妹が、30センチ以上伸ばした髪を切った。闘病経験がある長女の「困っている人の助けになれば」という思いに、妹たちも賛同した。

 高校1年の藤枝樹亜(じゅあ)さん(15)、小学4年の樹(いつき)さん(10)、同1年の夏樹(なつき)さん(6)。2014年まで、家族でベトナムに住んでいた。樹亜さんは日本人学校6年だったとき、寄付された毛髪でかつらを作る「ヘアドネーション」のことをニュースで知った。

 その後、樹亜さんはウイルス性の病に倒れて1カ月間の入院後に帰国し、車いすでの生活を送る。「しんどい経験をしたこともあって、人の助けになりたいと思った」と樹亜さん。中学1年の夏、伸ばし続けた髪を切って、初めて寄付した。再び髪が伸びると「次は3人で寄付しよう」と呼びかけ、樹亜さんを慕う妹たちもうなずいた。

 同区の美容室で、3人の髪は束に分けられて切られ、肩までのショートカットになった。「切った理由を聞かれたら、友だちにヘアドネーションのことを宣伝できる」。樹亜さんがうれしそうに話した。

 ヘアドネーションは、大阪市のNPO法人「JHD&C(ジャーダック)」が始め、これまで259人の子どもたちに医療用かつらを贈っている。府内では活動に賛同する理美容室が85店ある。

【 2018年04月17日 17時46分 】

ニュース写真

  • (上)ヘアドネーションのために髪を長く伸ばしていた3姉妹、(下)短くなった髪型で笑顔=京都市伏見区・ピュアモードカヨ
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

    全国のニュース

      政治・社会

      京都で違法スカウト横行 借金負わせ女性に性風俗店あっせん

      20180723000017

       京都市の四条河原町や祇園一帯で、スカウト集団が女性に声をかけ、性風俗店にあっせんする違..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      日本が台湾下し優勝、野球
      ハーレム国際

      20180723000016

       野球のハーレム国際大会は22日、オランダのハーレムで決勝が行われ、日本は台湾を5―0で..... [ 記事へ ]

      経済

      米財務長官「保護主義でない」
      G20の結束強調

      20180723000015

       【ブエノスアイレス共同】ムニューシン米財務長官は22日、20カ国・地域(G20)財務相..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      祇園祭後祭、24日巡行 都大路に山鉾10基

      20180723000018

       日本三大祭りの一つ、祇園祭後祭(あとまつり)の山鉾巡行が24日、京都市内で行われる。く..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      酷暑続く京都、小学校のアイドル「高齢ヤギ」点滴で命つなぐ

      20180721000049

       京都府長岡京市友岡1丁目の長岡第四小で飼育するヤギの「シロ」が、炎天下で懸命に命をつな..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      手術用「スマート治療室」完成
      医療機器連携でミス削減

      20180721000078

       手術室で使う多種多様な医療機器を連携させた「スマート治療室」を日本医療研究開発機構(A..... [ 記事へ ]