2018京都女性スポーツフェスティバル サン・クロレラ杯

関連ニュース

14競技1100人笑顔で行進 北区で総合開会式

北区で総合開会式


晴れやかな表情で入場する選手たち(7日、京都市北区・島津アリーナ京都)
晴れやかな表情で入場する選手たち(7日、京都市北区・島津アリーナ京都)

 「2018京都女性スポーツフェスティバル サン・クロレラ杯」(京都女性スポーツの会、京都府、京都新聞主催)の総合開会式が7日、京都市北区の島津アリーナ京都で行われ、華やかな雰囲気の中、選手約1100人が笑顔で行進した。

 29回目の今年は、14競技に10〜80歳代の約5500人が参加する。開会式では競技ごとに選手が入場した。京都女性スポーツの会の水野加余子会長(68)はあいさつで「来年は30回の記念大会になる。競技を続けていただいて華々しく迎えたい」と呼び掛けた。




選手宣誓する池杉さん
選手宣誓する池杉さん

 選手宣誓では、京都レディースソフトテニス連盟の池杉智子さん(42)=城陽市=が「(平昌)冬季五輪のカーリングでも掲げられたキープスマイル、ステイポジティブをモットーに正々堂々戦うことを誓います」と力強く述べた。 競技は30日(スキーは来年2月予定)まで行われる。

◇全京都ママさんバレーボール大会(7日・島津アリーナ京都)
【南部地区グループ戦】
▽1組 洛南2−1桂坂、西の京ク2−0R.V.C、西の京ク2−1洛南▽2組 わかたけVBC2−0春日野、南浜ク2−0南太秦体振、南浜ク2−0わかたけVBC▽3組 ピュアエンジェル2−0向島ク、かどのク2−1大宮ク、ピュアエンジェル2−0かどのク▽4組 長岡京ク2−0羽束師、塔南ク2−0竹の里、長岡京ク2−0塔南ク

【2018.04.08掲載】

(c) 2018 The Kyoto Shimbun Newspaper Co.,Ltd.