2018京都女性スポーツフェスティバル サン・クロレラ杯

関連ニュース

羽束師、3連覇 バレーボール


大会初の3連覇を果たした羽束師の選手たち(奥)=向日市・向日市民体育館

 29日、向日市の向日市民体育館でバレーボールの決勝トーナメントが行われた。決勝は羽束師が2−0でわかたけVBCにストレート勝ちし、大会初の3連覇を果たした。

 ◇全京都ママさんバレーボール大会(29日・向日市民体育館)
【決勝トーナメント戦】
▽準々決勝 わかたけVBC2−1修学院、フェロー・シップ2−1中筋ク、羽束師2−0豊里ク、伏見ク2−0梅津VBC▽準決勝 わかたけVBC2−0フェロー・シップ、羽束師2−1伏見ク
▽決勝
羽束師  2   21−10
 21−16
 0  わかたけVBC

大会初の快挙喜ぶ

 ○…大会初の3連覇を果たした羽束師の田村宏美主将(47)は「どのチームも成し遂げていないことだったので、自分たちが達成しようと目標にしてきた。すごくうれしい」と一丸でつかんだ快挙を喜んだ。  大会初日の南部地区グループ戦で敗れたことが、メンバーの結束力を高めた。「何もできずに負けたことを反省し、気持ちを切り替えて頑張れた」と同主将。応援席から熱い声援を送る仲間の思いも背負い、決勝トーナメントまで勝ち上がった。田村主将は「練習では70代のメンバーも一緒に励まし合いながら頑張っている。チーム力の勝利」と勝因を語った。


【2018.04.30掲載】

(c) 2018 The Kyoto Shimbun Newspaper Co.,Ltd.