第48回中信杯 全京都学童軟式野球選手権大会

堅守、接戦でキラリ 西城陽MVク

学童の部決勝で懸命にプレーする両チームの選手
学童の部決勝で懸命にプレーする両チームの選手

 終盤までもつれた学童の部決勝は、持ち味の守り勝つ野球を貫いた西城陽MVクが制した。最終回に1点差に迫られながら完投した岩本叶選手は「最後は走者を意識せずストライクを取りに行った。勝てて良かった」と熱戦を振り返った。

 勝敗を分けたのは1点リードで迎えた六回の攻防。完全試合ペースだった岩本選手が相手打線につかまった。1死から初安打を許し、後続に四球と長打で追いつかれた。

 なお二、三塁の危機でバッテリーが選んだのは満塁策。後続に対し捕手の藤原新太主将は「気持ちで負けないようにしよう」と強気にリードした。岩本選手も応え、力強い速球でピンチを脱した。すると、直後の攻撃で岩本選手の適時三塁打などで勝ち越しに成功。平松武司監督は「勝敗はわずかの差。あの満塁を0点で抑えたのが大きかった」と振り返った。

	学童の部で優勝を決め、あいさつする西城陽MVクラブの選手たち(京都市伏見区・伏見桃山城運動公園野球場)
学童の部で優勝を決め、あいさつする西城陽MVクラブの選手たち(京都市伏見区・伏見桃山城運動公園野球場)

 今大会は決勝前日の準決勝で杉若心斗選手が無安打無得点試合を達成するなど投手陣が安定。バックも好守備で支えた。藤原主将は「夏の大会も油断せず、一つ一つの戦いに集中して全力で勝ちに行く」と誓った。

準優勝の長岡京BB野球スポ少・中道優斗主将

「自分がヒットを打たれて悔しい。下位打線でも粘り強く、最後まで諦めないチームだった。気持ちを切り替えて夏に優勝したい」

序盤の集中打光る 金閣リトルタイガース

ジュニアの部決勝 生還して喜ぶ金閣リトルタイガースの選手=撮影・田村泰雅
ジュニアの部決勝 生還して喜ぶ金閣リトルタイガースの選手

 ○…ジュニアの部を制した金閣リトルタイガースは、序盤の集中打が光った。

 1-0の二回。3点を加え、なお1死二、三塁の好機で森皓士朗選手が一塁線を破る3点本塁打を放った。森選手は「走者を返すつもりで打席に立った。手応えはあった」。この回は5安打を集めて7点を奪い、試合を決めた。

 悲願の初優勝に弥吉駿斗主将は「素直にうれしい」と満面の笑み。「みんな声を出して打線がしっかりつながった。冬場に練習してきたことが出せた」と勝因を語った。

ジュニアの部準優勝の加茂フレンズ・植澤奏心主将

「最終回に得点を奪えてうれしかったけど、もう少し打ちたかった。負けていてもチームで協力できた。夏に向けてもっと練習する」

【2019年4月14日掲載】
関連ニュース
2019.04.14堅守 接戦でキラリ 西城陽MVク、序盤の集中打光る 金閣リトルタイガース
2019.04.14学童の部 西城陽MV ク初V、ジュニアの部 金閣リトルタイガース
2019.04.08西城陽MVク初優勝 学童の部、ジュニアの部 金閣リトルタイガース
2019.04.07長岡京BB VS 西城陽MVク きょう、学童の部決勝
2019.04.054強、6日対決 学童の部チーム紹介(下)
2019.04.044強、6日対決 学童の部チーム紹介(上)
2019.04.03長岡京BBなど4強
2019.04.02学童・ジュニア 試合結果
2019.04.01学童 試合結果
2019.03.31学童・ジュニア 試合結果
2019.03.29増える女子の4番
2019.03.29学童・ジュニア 試合結果
2019.03.26学童 試合結果
2019.03.25学童 試合結果
2019.03.24児童の球春スタート
2019.03.21V目指す188チーム
2019.03.03対戦相手決まり、闘志