出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

ジャンプ、高梨が今季初の2位
W杯女子札幌大会・最終日

 2位になり表彰式で笑顔を見せる高梨沙羅(手前)。上は優勝したマーレン・ルンビ、右は3位のカタリナ・アルトハウス=宮の森
 2位になり表彰式で笑顔を見せる高梨沙羅(手前)。上は優勝したマーレン・ルンビ、右は3位のカタリナ・アルトハウス=宮の森

 ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ女子札幌大会最終日は14日、札幌市宮の森ジャンプ競技場で個人第6戦(ヒルサイズ=HS100メートル)が行われ、平昌冬季五輪代表の高梨沙羅は90メートル、93メートルの合計231・4点で今季初めて2位に入った。ジャンプの男女を通じて歴代単独最多となる通算54勝目は次戦以降に持ち越しとなった。

 伊藤有希は87メートル、90メートルの218・5点で5位。マーレン・ルンビ(ノルウェー)が95・5メートル、2回目に最長不倒の98・5メートルを飛び、251・6点で3連勝し、今季4勝目、通算8勝目を挙げた。

【 2018年01月14日 13時51分 】

ニュース写真

  •  2位になり表彰式で笑顔を見せる高梨沙羅(手前)。上は優勝したマーレン・ルンビ、右は3位のカタリナ・アルトハウス=宮の森
京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース