出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

iPS角膜再生、近く申請へ
大阪大、臨床研究実施を学内審査

 人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から角膜の細胞を作製し、けがや病気で角膜を損傷した患者に移植し再生する研究を進めている大阪大の西田幸二教授(眼科学)のチームが22日にも、臨床研究の実施を学内の審査委員会に申請することが11日、分かった。iPS細胞を巡っては、網膜で世界初の臨床研究が実施され、心臓病やパーキンソン病でも研究が進展中。新たに角膜でも実用化に向けた動きが本格始動することになる。

 角膜は厚さ0・5ミリ程度の透明な膜で、レンズの役割を持つ。けがや病気で傷めると、視力が落ちたり失明したりする。

【 2018年08月11日 11時46分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース

      政治・社会

      露店爆発現場付近で花火打ち上げ 京都、被害者反発も

      20180818000161

       京都府福知山市の花火大会で58人が死傷した露店爆発事故現場近くの由良川河川敷で18日、..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ベルギー1部、遠藤が今季2点目
      ワースランドベベレン戦

      20180819000013

       【ベベレン(ベルギー)共同】サッカーのベルギー1部リーグでシントトロイデンの遠藤航は1..... [ 記事へ ]

      経済

      ビワイチ初心者も安心「自転車まるごとタクシー」 滋賀

      20180818000082

       近江タクシー(滋賀県彦根市)は、県内全域で自転車を解体せずに積み込んで一緒に移動できる..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都伝統の地蔵盆、存続の岐路 不参加増え自治会苦慮

      20180818000160

       伝統行事の地蔵盆の維持に苦慮する京都市内の町内会が増えている。市中心部でホテルやマンシ..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      小中学校にユニバーサルデザイン 誰もが学びやすく

      20180818000145

       京都市立の小中学校で、障害の有無や個人の特性に関わらず誰もが問題なく学校生活を送れるよ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      国内57年ぶり新種ナマズ 琵琶湖博物館、東海地方に生息

      20180817000193

       滋賀県立琵琶湖博物館(草津市下物町)の田畑諒一学芸技師(31)らは17日、新種のナマズ..... [ 記事へ ]