出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

“新コンビ”あえなく解散
はるかとガリット福島

 お笑いコンビ「ハリセンボン」の箕輪はるかが、東京都内で行われたファミリーマートの新作中華まん発表イベントに登場。男性芸人と新コンビ結成をぶち上げた。

 「冬の“斬新すぎる”中華まん」という新商品のうたい文句にちなみ、「斬新すぎるコンビ、新ハリセンボンのお二方です」と紹介を受けて登場したのは、はるかと「新春菜」ことガリットチュウの福島善成。

 福島とハリセンボンの本来のメンバーである近藤春菜との体格差を生かし、「いつもよりちょっと大きく見えるね」とボケたはるか。新コンビは順調なスタートに見えたが、新春菜の食い意地で暗転する。

 試食で新商品を含む四つの中華まんを平らげた新春菜は「嫁に電話して今日、晩ご飯はいらないと言っていいですか?」といきなり福島に戻り、「まじでうめえ」と地声でうなる始末。

 新春菜になりきれない福島に業を煮やしたはるかはついに「やっぱり私、新春菜に違和感がある! 体がごっつすぎる」と叫び、「解散します」と一方的に宣言した。

 船越英一郎らの物まねで仕事を増やしてきた福島だが、今回は自爆の形。「これで営業に回ろうと思ってたんだけどな」と残念がっていた。

【 2018年11月09日 16時21分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域のニュース