出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

福島のベンチャー、がん治療器開発加速 故堀場雅夫氏ら出資

次世代がん治療器を試験するため、福島SiC応用技研が昨秋に完成させた新棟(福島県楢葉町)
次世代がん治療器を試験するため、福島SiC応用技研が昨秋に完成させた新棟(福島県楢葉町)

 堀場製作所を創業した故堀場雅夫氏が設立に携わり、ロームなどが出資した医療機器開発ベンチャーの福島SiC応用技研(福島県楢葉町)が、次世代がん治療装置の開発を加速させている。昨秋に試験用の新棟を同町に完成させ、人員も増強。2020年ごろの実用化を目指す。京都ゆかりのハイテク企業が、東日本大震災の被災地の産業復興に貢献しようとしている。

 同社は堀場氏らの出資で14年に設立された。堀場氏の「原子力災害被災地の復興を支援したい」との思いを受け、同町の工業団地で震災後に企業が撤退した跡地に進出した。

 開発を進めるのは中性子線を使った放射線がん治療装置(BNCT)。ホウ素をがん細胞に取り込ませ、中性子線を照射することでがん細胞を選択的に破壊できる。切開手術が不要のため患者負担が少ないのが利点だ。

 計画では、電力損失が少ない次世代半導体シリコンカーバイド(SiC、炭化ケイ素)をロームから調達し、他社のBNCTより大幅に小型化。価格を1台10億~15億円程度と他社の半額以下に抑える。中性子線の照射も1方向から10方向に増やし、体内深部まで治療できるようにする。

 昨秋には装置を試験する新棟が完成し、地元から約20人を採用。今年2月には経営安定化に向け、京都の金融機関などでつくる「京都市スタートアップ支援ファンド」などを引受先とした第三者割当増資で3億4千万円を調達した。

 BNCTの第1号機はロームが購入し、20年に専用施設とともに京都府立医科大(京都市上京区)に寄付。同大学で臨床試験(治験)を進める予定だ。国内での普及を目指す一方、米国や中国などの海外展開も視野に入れている。

 福島SiCの古久保雄二社長は「多くの病院に装置を広め、がんが治る患者を増やしたい。現地はまだ店舗なども少なく、地元雇用を通して避難住民の帰還に少しでも貢献できればいい」と話している。

【 2018年03月10日 19時00分 】

ニュース写真

  • 次世代がん治療器を試験するため、福島SiC応用技研が昨秋に完成させた新棟(福島県楢葉町)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      地方創生、未来像見えず 京都、期待と不安交錯

      20180923000048

       人口減少社会に対応し、東京一極集中の是正や地方の活性化を進めるため、安倍政権は「地方創..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      ラグビーW杯、世界驚かすプレーを 坂田・関西協会長

      20180923000049

       アジア初開催となるラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会開幕が、20日であ..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      コスモス色とりどり、秋空に映え 京都・亀岡

      20180923000045

       京都府亀岡市吉川・曽我部両町の「京都丹波/亀岡 夢コスモス園」が22日、オープンした。..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      室戸台風、校舎倒壊の恐怖語る 京都の小学校で90歳女性

      20180921000187

       室戸台風の襲来から84年目となる21日、校舎倒壊で多数の犠牲者が出た京都府、滋賀県の小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      チンパンジー知性、どう探る 京大と連携、動物園が展示

      20180923000026

       動物と接することができるのは大自然の中だけではない。京都大野生動物研究センターは京都市..... [ 記事へ ]

      国際

      告発女性、議会証言に同意
      最高裁判事の性的暴力疑惑

      20180923000014

       【ワシントン共同】米連邦最高裁判事に指名されたブレット・カバノー氏(53)から性的暴力..... [ 記事へ ]