出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

丹波キヌヒカリ、2年連続「特A」 17年度ランキング

2年連続で特Aを獲得した丹波産キヌヒカリのチラシを売り場に張る道の駅の職員(南丹市園部町・道の駅「京都新光悦村」)
2年連続で特Aを獲得した丹波産キヌヒカリのチラシを売り場に張る道の駅の職員(南丹市園部町・道の駅「京都新光悦村」)

 京都府の南丹・中丹地域で生産された「丹波キヌヒカリ」が、日本穀物検定協会による2017年度米の食味ランキングで、2年連続となる「特A」を獲得した。農業関係者は、丹波産の米のブランド力向上と消費拡大に期待を膨らませている。

 丹波キヌヒカリは、丹波2市1町と中丹の3市で生産されたキヌヒカリで、特に丹波2市1町ではコメ農家の半数にあたる約2千農家が生産している。

 特A獲得に向け、09年に京都府、亀岡・南丹両市、京丹波町、府農業共済組合、JA京都などの関係者が京都丹波米良食味推進協会を設立し、農家向けの情報紙や携帯メールで天候や気温の分析、水管理の注意点を農家に知らせるなど、品質向上に努めてきた。

 2年連続の特Aに、府南丹広域振興局企画調整室の小森聡副室長は「昼夜寒暖差のある丹波特有の気象条件と、農家の努力との相乗効果。主食である米の評価上昇は、丹波のブランド力アップにつながる」と期待する。

 地元産米を販売する南丹市園部町の道の駅京都新光悦村では早速、2年連続特A獲得を知らせるチラシを作成した。同道の駅は17日のリニューアルオープンに向け、改修工事中で、仮設の販売所で営業している。

 駅長の佐々谷吉美さん(77)は「昨年は店頭販売だけでなく、インターネットでの注文も増えた。特A効果は大きく、生産者にも追い風になる。地域の誇りである丹波産の米を多くの人にPRしたい」と意気込む。

【 2018年03月14日 18時50分 】

ニュース写真

  • 2年連続で特Aを獲得した丹波産キヌヒカリのチラシを売り場に張る道の駅の職員(南丹市園部町・道の駅「京都新光悦村」)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース

      政治・社会

      京都市、町家に独自安全基準 木製の雨戸利用にめど

      20180921000099

       京町家を本来の意匠や構造を残したまま保存しようと、京都市が建築基準法に代わり独自に運用..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      楽天・アマダーの制裁処分が確定
      ドーピング違反、出場停止半

      20180921000109

       日本野球機構(NPB)のアンチ・ドーピング特別委員会は21日、ドーピング違反で6カ月の..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の寺社に人出戻る 台風21号襲来、境内復旧も進む

      20180921000072

       台風21号の襲来から2週間以上がたち、復旧が進んだ京都の寺社で3連休には拝観再開が相次..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS血小板輸血を了承、厚労省
      京都大の計画

      20180921000106

       厚生労働省の専門部会は21日、さまざまな細胞に変化する人工多能性幹細胞(iPS細胞)か..... [ 記事へ ]

      国際

      米国の加州、プラ製ストロー禁止
      環境対策、州で初

      20180921000083

       【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニア州のブラウン知事は20日、環境保護のため、レス..... [ 記事へ ]