出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

中国対米黒字が15・2%増
1~9月、米圧力強化も

 北京で開かれた中国税関総署の記者会見=12日(共同)
 北京で開かれた中国税関総署の記者会見=12日(共同)

 【北京共同】中国税関総署は12日、今年1~9月の対米貿易黒字が2257億ドル(約25兆円)となり、前年同期比で15・2%増加したと発表した。米中貿易摩擦が激化する中、引き続き黒字が拡大しており、トランプ米政権がさらに対中圧力を強める可能性がある。

 対米輸出の伸びは13・0%で、米国からの輸入の伸び(9・4%)を上回った。中国製品の流入にいらだつトランプ米大統領を刺激しそうだ。9月の単月の対米貿易黒字も341億ドルと、前年同月比で20・9%増加した。

 米国が対中制裁として関税を引き上げた影響で、中国では輸出型製造業の経営に影響が出ている。

【 2018年10月12日 13時16分 】

ニュース写真

  •  北京で開かれた中国税関総署の記者会見=12日(共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース