出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

レオパレス赤字転落
アパート施工不良響く

 3月、施工不良が見つかったレオパレス21のアパートの屋根裏=岐阜市(LPオーナー会提供)
 3月、施工不良が見つかったレオパレス21のアパートの屋根裏=岐阜市(LPオーナー会提供)

 施工不良問題を起こした賃貸アパート大手、レオパレス21が9日発表した2018年9月中間連結決算は、純損益が58億円の赤字(前年同期は94億円の黒字)だった。アパートの施工不良の補修に伴う引当金など特別損失が拡大したことが響いた。

 売上高は前年同期比1・3%減の2554億円。施工不良の調査と補修工事が終わるまで入居者の募集を停止しており、賃料収入が減少した。アパート向けの銀行融資が鈍り、物件の新規受注で苦戦していることも響いた。

 レオパレスは施工したアパートで建築基準法違反の疑いがある施工不良が見つかり、対象物件の補修を進めている。

【 2018年11月09日 17時06分 】

ニュース写真

  •  3月、施工不良が見つかったレオパレス21のアパートの屋根裏=岐阜市(LPオーナー会提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース