出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京友禅に西陣織、和装ポケモンいかが 着物や帯など販売へ 

ポケモンのキャラクターをあしらった羽織の裏地や着物(京都市下京区・京都経済センター)
ポケモンのキャラクターをあしらった羽織の裏地や着物(京都市下京区・京都経済センター)

 人気ゲーム「ポケットモンスター(ポケモン)」のキャラクターをあしらった着物や帯が完成し、販売元の京都織物卸商業組合(京都市下京区)が14日に披露した。京友禅や西陣織の伝統図柄と色調の中に、ポケモンのデザインをしのばせた。ポケモンが本格的な和装に展開されるのは初めてという。

 完成したのは、人気キャラクター「ピカチュウ」が竹林で遊ぶ様子を裏地に描いた羽織や、水玉模様とピカチュウが織り出された絹の帯、ゲーム中の道具などを吉祥文様とともに配した着物など計8種類。伝統技術を活用し、京都織商に加盟する呉服問屋3社が半年かけて企画した。

 ポケモングッズ店「ポケモンセンターキョウト」が16日に下京区四条通室町の京都経済センター2階に移転オープンするのを記念した取り組み。京都織商などが製造と販売を担う。

 着物や帯の価格は1反7万~27万円程度。同店や府内の呉服店で取り扱い、今後も新作のポケモン和装品を販売する予定という。

【 2019年03月14日 21時46分 】

ニュース写真

  • ポケモンのキャラクターをあしらった羽織の裏地や着物(京都市下京区・京都経済センター)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の経済ニュース

    全国の経済ニュース