出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

センター試験始まる 大学入試シーズン本格化

高校の教員らの激励を受けながら、センター試験の会場に向かう受験生(13日午前8時34分、京都市左京区・京都大)
高校の教員らの激励を受けながら、センター試験の会場に向かう受験生(13日午前8時34分、京都市左京区・京都大)

 2018年度の大学入試センター試験が13日、全国で始まった。昨年より6704人多い58万2671人が志願しており、本格的な大学入試シーズンが幕開けした。

 初日は午前9時半から地理歴史・公民が行われた。午後からは国語と外国語、14日は理科と数学が実施される。

 京都府内で会場となった17大学のうち最大の京都大(京都市左京区)では、厳しい冷え込みの中、受験生たちが高校の教員や予備校関係者の激励を受け、試験開始直前まで参考書に目を通す姿が見られた。浪人生の木村亮介さん(19)=京都市右京区=は「体調は万全。ベストを尽くしたい」と話していた。

 滋賀県内では5大学6会場で実施された。JR湖西線で一時運転見合わせがあった影響で、1科目受験の地理歴史・公民の開始時刻を滋賀大や滋賀県立大で30分~1時間遅らせた。

 彦根市の滋賀大彦根キャンパス試験場では、学生服の上にダウンジャケットを着込んだり、マスクをしたりして寒さや風邪対策に備えた受験生が目立った。米原高3年中村祥真さん(18)は「雪が降らなかったのは、天が味方してくれたと思う。頑張れそう」と話した。

【 2018年01月13日 14時00分 】

ニュース写真

  • 高校の教員らの激励を受けながら、センター試験の会場に向かう受験生(13日午前8時34分、京都市左京区・京都大)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース