出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

JR湖西線乱れ5会場開始遅らす 滋賀のセンター試験

 2018年度の大学入試センター試験が13日、全国で始まった。滋賀県内では5大学6会場で実施された。JR湖西線で一時運転見合わせがあった影響で、1科目受験の地理歴史・公民の開始時刻を滋賀医科大以外の5会場で30分~1時間遅らせた。滋賀医大は英語リスニングで、ICプレーヤーの不具合を訴えた受験生1人に対し、中断部分からやり直す「再開テスト」を実施した。

 彦根市の滋賀大彦根キャンパス試験場では厚着やマスク姿の受験生が目立った。米原高3年中村祥真さん(18)は「雪が降らなかったのは天が味方してくれたと思う。頑張れそう」と話した。

【 2018年01月13日 21時46分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース