出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

松本零士さん「青春には無限の可能性」 京都で学生に語る

宇宙をテーマにした漫画の原点である本との出合いを語る松本零士さん(京都市左京区・京都産業大)
宇宙をテーマにした漫画の原点である本との出合いを語る松本零士さん(京都市左京区・京都産業大)

 「銀河鉄道999」などの作品で知られる漫画家松本零士さんが11日、京都市北区の京都産業大で、創作活動の原点について講演を行った。小学生のころ、宇宙を旅する児童書に大きな刺激を受けた体験を振り返り、夢を持ち続ける大切さを語った。

 松本さんは同大学の客員教授を務めており、特別講演として登壇した。同大学の創設者で宇宙物理学者の荒木俊馬が少年向けに書いた「大宇宙の旅」を読んでとりこになった体験を紹介した。「いつか地球の外に出たいという思いが自分の中に染みついた」と振り返った。

 終戦直後の貧困体験や、漫画を通じた海外交流などを振り返り、学生に「青春には無限の可能性がある。多くの体験を大切にしながら、自分の夢を実現できるよう頑張ってほしい」と呼び掛けた。

【 2018年06月12日 09時10分 】

ニュース写真

  • 宇宙をテーマにした漫画の原点である本との出合いを語る松本零士さん(京都市左京区・京都産業大)
京都新聞デジタル版のご案内

    教育・大学のニュース