出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

海から蒸発の水、宇宙に広がる
地球24万キロ先まで、初確認

 地球(中央付近の点)を中心に24万キロ以上にわたって広がる水素原子から出た光(立教大提供)
 地球(中央付近の点)を中心に24万キロ以上にわたって広がる水素原子から出た光(立教大提供)

 海から蒸発した水が分解してできた水素原子が地球を取り囲むように宇宙を漂い、24万キロ以上先まで広がっている様子を立教大などのチームが超小型探査機で撮影した。地球の直径の約20倍に当たる距離に及んでいるのを確かめたのは世界初という。8日付の米科学誌に発表した。

 太陽系の外の惑星でも、地球のような環境がそろえば周りに水素が広がると予想され、亀田真吾立教大准教授は「惑星に、生命のもととなる海があるかを調べられる」と話している。

 地球の高層の大気中では、水分が太陽の紫外線によって分解され水素原子になる。

【 2017年12月08日 02時06分 】

ニュース写真

  •  地球(中央付近の点)を中心に24万キロ以上にわたって広がる水素原子から出た光(立教大提供)
京都新聞デジタル版のご案内

    環境・科学のニュース