お知らせ

事業団からのお知らせ

障害のある人たちを応援「工賃増へ向けての取り組み」助成受け付け(19/07/11) NEW!

 障害のある人が働く作業所や授産施設などの工賃増の実現に向けた取り組みに対して助成します。

  • 対  象
     京都府、滋賀県内の障害者支援施設(就労継続支援事業所、地域活動センター、授産施設、小規模作業所など)で、障害のある人の工賃増を目指して、商品改良などの取り組みを本年度中に計画し、2020年度に実行できる団体

  • 助成内容
     @商品の改良・新商品開発のための材料・道具
     A商品の販売時に必要な物品、販路の確保・拡大のための経費
     B品質向上のための研修・指導料

  • 助成金額
     1団体上限20万円

  • 申請方法
     所定の申請書に記入し、必要書類を添えて、
      〒604―8577 京都新聞社会福祉事業団「工賃増」係へ。
       рO75(241)6186へ

     「工賃増助成」要項、申請書は下記から印刷、ダウンロードできます。

     ●「工賃増助成」の要項はこちらから印刷できます。(PDF/422KB)

     ●「工賃増助成」の申請書(PDF版)はこちらから印刷できます。(PDF/257KB)
     ●「工賃増助成」の申請書(EXCEL版)はこちらから印刷できます。(EXCEL/24KB)

  • 締め切り
     8月30日(金)必着

みんなで海釣り―障害のある人の体験講座 参加者募集(19/07/10) NEW!

 障害のある人たちの活動の場を広げ、余暇活動を支援する「みんなで海釣り―障害のある人の体験講座」を開きます。
 京都府、滋賀県の障害のある人と介助者、保護者計40人を無料招待します。

  • 開催日時
     9月7日(土)、8日(日)の1泊2日

  • 場  所
     府立青少年海洋センター・マリーンピア泊、府立海洋高校(宮津市)

  • 内  容
     1日目=京都駅から観光バスで出発、宮津市内の天橋立が見えるレストランで昼食、青少年海洋センター・マリーンピア着(夕食・宿泊)、
         釣りに関する講座やレクリエーション、交流会。
     2日目=海洋高校で朝食、釣りインストラクターの指導による海釣り体験、昼食、表彰式など。

  • 対  象
     京都府、滋賀県の障害のある人と介助者、保護者の計40人。介助の必要な人は、介助者同伴で、15歳未満の人は保護者同伴で参加してください(付添人は原則として1人とします)
     釣具、えさなどは主催者で用意します。

  • 参加費
     無料

  • 申し込み
     所定用紙に必要事項を記入し、
      〒604―8577 京都新聞社会福祉事業団「海釣り」係へ
       рO75(241)6186
      申し込み多数の場合は抽選のうえ決定します。

     「みんなで海釣り」の要項、申込書は下記から印刷、ダウンロードできます。
      ●「みんなで海釣り」の要項はこちらから印刷できます。(PDF/276KB)
      ●「みんなで海釣り」の申込書はこちらから印刷できます。(PDF/211KB)

  • 締め切り
     8月2日必着

  • 主  催
     公益財団法人京都新聞社会福祉事業団、公益財団法人神戸新聞厚生事業団