出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

米ハリケーンで2人死亡
負傷者多数、50万戸停電

 米フロリダ州で、大型ハリケーン「マイケル」の被害を確認する男性=10日(Pedro Portal/Miami Herald、AP=共同)
 米フロリダ州で、大型ハリケーン「マイケル」の被害を確認する男性=10日(Pedro Portal/Miami Herald、AP=共同)

 【ニューヨーク共同】メキシコ湾から米南部フロリダ州に10日上陸した大型ハリケーン「マイケル」の影響で洪水被害が広がり、米CNNテレビによると、死者は11日までに2人となり、多数の負傷者が出た。約50万戸が停電した。同州は約50万人に避難を促しているが、大半の住民は自宅周辺にとどまっているとされ、人的被害の拡大が懸念されている。

 米ハリケーンセンターによると、上陸時の勢力は5段階で上から2番目の「カテゴリー4」。米メディアによると、1992年のハリケーン「アンドリュー」以来の勢力となった。

【 2018年10月12日 00時51分 】

ニュース写真

  •  米フロリダ州で、大型ハリケーン「マイケル」の被害を確認する男性=10日(Pedro Portal/Miami Herald、AP=共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    国際のニュース