出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

亡命のサウジ女性、カナダに到着
クヌンさん、外相が空港で出迎え

 カナダ・トロントの空港に到着したラハフ・ムハンマド・クヌンさん(中央)とカナダのフリーランド外相(右)=12日(ロイター=共同)
 カナダ・トロントの空港に到着したラハフ・ムハンマド・クヌンさん(中央)とカナダのフリーランド外相(右)=12日(ロイター=共同)

 【ニューヨーク共同】家族の虐待などから逃れるためとして亡命を目指し、カナダが難民として受け入れを決めたサウジアラビア人女性ラハフ・ムハンマド・クヌンさん(18)が12日、カナダのトロントに到着した。AP通信が伝えた。タイから韓国経由で移動した。

 フリーランド外相が空港でクヌンさんを出迎え、APなどに「新しくカナダ人になる勇敢な方です」と紹介した。

 これに先立ち、APがクヌンさんのものとして伝えたツイッターのアカウントには、パスポートと一緒に撮影した飛行機内の写真がハートの絵文字とともに投稿された。

 クヌンさんは5日、タイの空港で当局に拘束された。

【 2019年01月13日 01時26分 】

ニュース写真

  •  カナダ・トロントの空港に到着したラハフ・ムハンマド・クヌンさん(中央)とカナダのフリーランド外相(右)=12日(ロイター=共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    国際のニュース