出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

香港デモ最多「2百万人」
トップ辞任と条例撤回要求

 中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案の撤回を求めデモ行進する人たち=16日、香港(共同)
 中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案の撤回を求めデモ行進する人たち=16日、香港(共同)

 【香港共同】香港民主派団体は16日、中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案の撤回と林鄭月娥行政長官の辞任を求めるデモを香港中心部で実施した。同団体は「200万人近く」が参加したと発表し、103万人だった9日のデモを大幅に上回り、1997年の中国への返還以降、香港最大のデモとなった。デモを受け林鄭氏は、香港社会の混乱を招いたとして市民に陳謝の意を表明した。

 林鄭氏は15日、改正案の審議の延期を発表したが、参加者らは完全な撤回を要求。2週連続の大規模デモで中国政府や香港政府に対する香港市民の不信感の大きさが鮮明になった。

【 2019年06月17日 00時51分 】

ニュース写真

  •  中国本土への容疑者引き渡しを可能にする「逃亡犯条例」改正案の撤回を求めデモ行進する人たち=16日、香港(共同)
  •  「逃亡犯条例」改正案の撤回を求め、立法会近くで座り込む人たち=16日、香港(共同)
京都新聞デジタル版のご案内

    国際のニュース