社長メッセージ

社長

 京都新聞社を志望する皆さんへ

 「平成」という時代が終わり、名実ともに新しい時代が幕を開ける今年、京都新聞は創刊140年を迎えました。「我らは正義、自由、真実を守る」を社是とし、京都府と滋賀県に根ざした言論報道機関として多くの読者や地域社会とともに歩んできました。


 京都新聞社は、京都新聞グループの中核として取材編集・紙面制作・デジタル部門を担います。「フェイクニュース」を許さないためにも、取材で事実を積み重ね、地域でいま何が起きているのか、今後どうなるのかを、広く発信していくのが私たちの使命です。


 京都や滋賀は大変魅力のある地域です。京都市は世界で名だたる観光都市であり、有数の歴史文化都市でもあります。大学などの知の集積を誇り、独自色を持ったグローバル企業が本社を置いています。京都府の北は日本海に面し、滋賀県は日本最大の湖・琵琶湖があるなど、取材対象や風土は実に多彩です。私たちは地域に住む人たちと喜怒哀楽をともにしながら、日々のニュースを発信するとともに、独自ダネの発掘や連載企画の取材にあたっています。


 インターネットの普及で新聞を取り巻く環境は大きく変化していますが、私たちは新しいビジネスモデルへの転換、いわば「第二の創業」を成し遂げる覚悟です。紙の新聞を一層魅力的にすることと合わせて、従来の枠にとらわれず、デジタル発信の進化と収益化を目指していきます。


 これら新聞社の使命を果たし、未来を切り開いていくためにはマンパワーが必要です。2020年4月定期採用は記者職と技術職を募集します。多彩な能力とチャレンジする気概を持つ若者が私たちの仲間に加わってくれることを期待しています。


京都新聞社 代表取締役社長 主筆  山内康敬