The Kyoto Shimbun

時超え光畳の上に
カトリック宮津教会(宮津市)
=4=

 ロマネスク様式の高い天井の下、畳に正座した信者が祭壇に向かって祈りをささげる。中央に十字架のイエス・キリスト像。その左の像、聖ヨハネはヨルダン川でキリストを洗礼した預言者だ。明治29(1896)年5月6日の献堂(竣工=しゅんこう)以来109年。100歳を超えてなお、創建時のままの姿で現役で生きる最長老の教会建築=写真上=だ。ステンドグラスの光が差す和洋折衷の空間で、信仰の姿が変わらぬシルエットを刻む。

 敷地は、宮津出身の実業家が、キリスト教を信じて大病から救われたと喜び、奉献した。宮津を拠点に布教したルイ・ルラーブ神父(パリ外国宣教会)が、フランスから聖像、ステンドグラス、祭壇、聖具、エッチング「十字架への道行き」などを取り寄せ、宮津の大工が建てた。

 長い祈りの時間のしみこんだ荘厳な空間を今、各地の観光客が見入る。この春着任した三輪周平司祭(52)は「丹後へ来る特急の車内ポスターには、宮津の観光地としてこの教会の写真があるんですよ」。

 教会近くの信者さんが折々に聖堂の案内をする。その声が太いケヤキの柱、畳の上に突き上げた円柱の土台石の間を渡る=写真右=。「子どものころ通って、40代からまた毎日お参りしてます。ここへ来ると気持ちがスーっとする」。話すほどに笑顔になった。

 

祈る人は救われる

 祈る人は救われ、祈らない人は滅びる(聖アルフォンソ=18世紀のレデンプトール修道会創立者の言葉)−三輪周平司祭は「今の時代、忙しくて自分を振り返ることは少ないが、心を開いて周りの人を見、祈ることが大切です。災害時のボランティアや、初詣でのお祈りもしますがその時だけになってはいないでしょうか。むしろ日ごろから祈ることが大事で、人間は金や政治で動いているようでも、深いところでは見えない力に導かれているのです」。

 ◇洗者聖ヨハネ天主堂 カトリック宮津教会・宮津市宮本500 TEL:0772(22)3127

バックナンバー   京都新聞TOP