京都アニメーション放火事件

 京都や滋賀の住宅街や駅、商店街、校舎…私たちのさりげない日常の風景を、そのかけがえなさを描き、世界の人々の心を震わせるアニメ作品として届けてきた京都アニメーション。 35人ものクリエーターが犠牲になり、33人が重軽傷を負った京都アニメーション放火殺人事件では、「地元紙としてどう報じるか」が問われています。 地元に根ざす「京アニ」の存在を京都の人たちは誇りにしてきました。 犠牲になった方々も京都で読者と同じ街で暮らし、買い物をし、祭りに出かけた人たちです。 京都や滋賀で追悼と、思いを寄せて支援の輪が広がっています。

献花台

<響け!応援の声 思いと祈り>
 
 
 
 
 
 
 

<あらまし>
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 



京都新聞社
〒604-8577 京都市中京区烏丸通夷川上ル少将井町239

Copyright (c)2019 The Kyoto Shimbun Co.,Ltd. All rights reserved.
各ページの記事・写真は転用を禁じます。著作権は京都新聞社に帰属します。