出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

被害男性に頭痛や味覚障害 滋賀の加熱たばこ殺人未遂

 水銀を混入させた加熱式たばこを知人男性に吸わせて殺害しようとしたとして、滋賀県警捜査1課と草津署は10日、殺人未遂の疑いで、大津市関津6丁目、設備業の男(36)を逮捕した。男性は男が以前経営していた会社の従業員で、県警は2人の間に何らかのトラブルがあったとみて調べている。

 逮捕容疑は、昨年6月3日、水銀を含ませた加熱式たばこ1箱(カートリッジ20本入り)を栗東市の知人男性(37)に手渡し、吸わせて殺害しようとした疑い。容疑を認めているという。

 県警によると、水銀は体温計などに使用される金属水銀という種類で、男は1本につき0・3~0・5グラムほどの液状の水銀を注入したと供述しているという。

 県警の説明では、男性は同4日までに14本を吸った後、頭痛や味覚障害、舌のしびれなど体調不良を訴えて救急搬送されたが、命に別条はない。男性の血液や尿から通常では考えられない量の水銀が検出されたほか、残りの6本や吸い殻からも検出された。

 捜査関係者によると、男性は男と金銭トラブルを抱えていたと県警に説明しているという。

 加熱式たばこは、電池で熱を加える専用器具にたばこのカートリッジを入れてニコチンを含む蒸気を吸う。従来の紙巻きたばこに比べて煙や臭いが少ないとして利用者が増えている。

【 2018年01月11日 06時00分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース