出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

東本願寺に「ま」落書き 世界最大級の木造建築・御影堂

御影堂土台部分のしっくいに「ま」と書かれた落書き(京都市下京区・東本願寺)
御影堂土台部分のしっくいに「ま」と書かれた落書き(京都市下京区・東本願寺)

 11日午前10時ごろ、京都市下京区の東本願寺から「落書きされた」と下京署に通報があった。落書きは、御影堂(国登録有形文化財)北側の土台のしっくい部分で見つかり、平仮名で「ま」と書かれていた。

 同署や東本願寺によると、同寺の職員が7日午後3時ごろに発見した。高さ縦約40センチ、横約35センチの大きさで、長さ約10メートルの横線も書かれていた。石など硬い物で傷つけられた可能性がある。開門時間中は誰でも立ち入り可能な場所という。

 御影堂は1895年に完成した世界最大級の木造建築物。堂内に宗祖親鸞の木像が安置されている。

【 2018年01月11日 22時20分 】

ニュース写真

  • 御影堂土台部分のしっくいに「ま」と書かれた落書き(京都市下京区・東本願寺)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース