出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

全国女子駅伝で交通規制 14日、京都市内

全国女子駅伝の交通規制予想時刻
全国女子駅伝の交通規制予想時刻

 第36回全国女子駅伝が14日、京都市内で行われる。コースとなる道路では交通規制が実施される。

 レースのスタート直前の午後0時25分~3時10分ごろまで規制する。発着点の西京極陸上競技場(右京区)から折り返し地点の国立京都国際会館(左京区)の間で順次行う。

 先頭ランナーが通過する直前から最後尾が過ぎるまでの間、五条や西大路、北大路、堀川、紫明、烏丸、丸太町、東大路、今出川の各通で、選手に順行する車線の車両通行を禁止する。白川通と上高野幡枝線(宝ケ池通)は片側車線で交互通行とし、国際会館専用道路は全面通行止め。また、選手に対面する車両の右折、レース中のコースでの車両による横断、駐車も禁止となる。

 大会事務局は安全なレース運営のため、沿道で観戦する人々に対し、旗やのぼり、横断幕などの使用、中央分離帯や歩道橋からの写真撮影や応援、自転車での並走をしないよう呼びかけている。犬などがコースへ飛び出さないようペットの管理の徹底も訴えている。

【 2018年01月12日 20時10分 】

ニュース写真

  • 全国女子駅伝の交通規制予想時刻
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース