出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

小牧氏が立候補へ 京都・与謝野町長選

小牧義昭氏
小牧義昭氏

 任期満了(4月3日告示、8日投開票)に伴う京都府与謝野町長選に、新人で町議の社会保険労務士小牧義昭氏(54)が無所属で立候補する意向を固めたことが、12日分かった。近く正式に表明する。

 同町長選には、現職の山添藤真氏(36)が立候補を表明しており、選挙戦になる見通し。小牧氏は京都新聞社の取材に「現町政は、どんなまちづくりがしたいのかが見えず町民目線という一番重要な点が感じられない」と話し「財政を見直し、教育施策を中心に、福祉や産業施策などに取り組みたい」と述べた。

 小牧氏は近畿大短大部卒。14年の町議選で初当選し、現在1期目。総務文教・厚生常任委員長。加悦奥。

【 2018年01月12日 23時00分 】

ニュース写真

  • 小牧義昭氏
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース