出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

京都・伏見路上2人死傷、容疑男を再逮捕 交友トラブルか

 京都市伏見区肥後町の路上で昨年12月31日、男性2人が刃物で刺されて死傷した事件で、京都府警捜査1課と伏見署は12日、アルバイト猪飼将希さん(27)=大津市木戸=を殺害したとして、殺人の疑いで会社員中村正勝容疑者(50)=伏見区肥後町=を再逮捕した。中村容疑者は「間違いありません」と容疑を認めているという。

 再逮捕容疑は、昨年12月31日午後2時55分ごろ、伏見区肥後町の同容疑者の自宅マンション前路上で、猪飼さんの胸などを刃物で刺して殺害した疑い。

 中村容疑者と、左腕を刺されて重傷を負った人材派遣業男性(45)の娘(21)は職場の元同僚で、府警は、両者の間に金銭などを巡る交友トラブルがあったとみて、経緯を捜査している。

 府警によると、男性は事件当時、中村容疑者と面会するため、知り合いの猪飼さんや娘ら男女計6人を連れて、ワゴン車で同容疑者の自宅マンション前を訪れていた。到着後に中村容疑者と路上で口論となり、同容疑者が突然、かばんから刃物を取り出して男性を切りつけたという。猪飼さんは男性を助けようとして近づき、胸などを刺されたとみられる。死因は出血性ショックなどだった。

 中村容疑者は事件の約3時間後、親族に付き添われて大阪府警四條畷署に「人を刺した」と出頭。伏見署が男性に対する殺人未遂容疑で緊急逮捕した。中村容疑者はこれまでの調べに対し、「人間関係でトラブルがあり、相手の命がどうなってもいいと思って刺した」などと供述しているという。

【 2018年01月12日 22時10分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース