出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

貨物列車にはねられ高2男子死亡 栃木、自殺か

 13日午前11時15分ごろ、栃木県矢板市扇町1丁目のJR東北線矢板駅近くの線路で、県内に住む高校2年の男子生徒(17)が、札幌貨物ターミナル発隅田川(東京)行きの貨物列車にはねられ死亡した。矢板署によると、自殺とみられる。

 貨物が駅を通過した直後だった。周囲にはフェンスがあり、運転士は「男性が飛び込んできた」と話している。遺書などは見つかっていない。

 JR東日本によると、東北線は上下線計7本に区間運休や遅れが出て、約1800人に影響した。

【 2018年01月14日 08時52分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース