出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

傷害容疑で刑務官逮捕 飲食店で見知らぬ客殴る

 広島中央署は14日、飲食店で男性客の顔を殴ったとして、傷害の疑いで広島拘置所の刑務官の男(30)=広島市中区上八丁堀=を現行犯逮捕した。男は「殴っていない」と否認している。

 逮捕容疑は14日午前5時ごろ、同区の飲食店で居合わせた会社員の男性(31)の顔を殴り打撲などのけがをさせた疑い。

 広島中央署によると、男は酒を飲んでおり、男性とは面識はなかったという。

【 2018年01月14日 11時44分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース