出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

群馬一家3人殺害事件から20年
手配容疑者の情報呼び掛け

 一家3人殺害事件から20年で、情報提供を呼び掛ける群馬県警の警察官(左)=14日午前、群馬県高崎市
 一家3人殺害事件から20年で、情報提供を呼び掛ける群馬県警の警察官(左)=14日午前、群馬県高崎市

 1998年に群馬県群馬町(現高崎市)の住宅で一家3人が殺害された事件から20年となる14日、県警は指名手配中の小暮洋史容疑者(48)の情報提供を呼び掛けるチラシやティッシュをJR高崎駅で配った。

 遺族は同日までにコメントで「覚めることのない悪夢をずっと見続けているようです」などと苦しい心境を明かし「必ず捕まると信じています。皆さまの情報が頼りです」とした。

 県警の上原健司刑事部長は「一刻も早く容疑者を逮捕し、被害者や遺族の無念を晴らしたいという思いを強くした」と話した。高崎署員ら30人が改札前などで駅の利用者や通行人に声を掛けた。

【 2018年01月14日 17時36分 】

ニュース写真

  •  一家3人殺害事件から20年で、情報提供を呼び掛ける群馬県警の警察官(左)=14日午前、群馬県高崎市
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース