出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

新出生前診断は「命の選別」 京都、強制不妊批判も

旧優生保護法下での強制不妊手術や新出生前診断の背後に潜む「命の選別」について議論したシンポジウム(京都市左京区・市障害者スポーツセンター)
旧優生保護法下での強制不妊手術や新出生前診断の背後に潜む「命の選別」について議論したシンポジウム(京都市左京区・市障害者スポーツセンター)

 妊婦の血液で胎児の染色体異常を調べる新出生前診断や旧優生保護法下での強制不妊手術に潜む「命の選別」を批判するシンポジウムが10日、京都市左京区の市障害者スポーツセンターで開かれた。研究者や障害のある人が登壇し、「新たな命が生まれる可能性を奪う行為は医療ではない」などと話した。

 優生手術に対する謝罪を求める会の利光恵子さん(64)は、旧優生保護法下で実施された強制不妊手術について「国が実態解明し謝罪と補償を」と訴えた。また、今月に日本産科婦人科学会が方針を示した新出生前診断の適用拡大で「不適切とされた胎児の排除が進む」と懸念。旧優生保護法の優生思想が現代社会に根付いていることを指摘した。

 遺伝性疾患の筋ジストロフィー患者の加古雄一さん(41)は、支援制度の欠如が障害のある生を不幸と思わせると説明。「新出生前診断をしなくても幸せに暮らしていける社会を形作ることが大切」と述べた。

 このほかダウン症の人の母親である佐々木和子さん(68)や日本自立生活センター代表の矢吹文敏さん(73)が、全ての生が肯定される社会の実現を訴えた。

 シンポジウムは、京都ダウン症児を育てる親の会(上京区)などが主催した。

【 2018年03月10日 23時00分 】

ニュース写真

  • 旧優生保護法下での強制不妊手術や新出生前診断の背後に潜む「命の選別」について議論したシンポジウム(京都市左京区・市障害者スポーツセンター)
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      楽天・アマダーの制裁処分が確定
      ドーピング違反、出場停止半

      20180921000109

       日本野球機構(NPB)のアンチ・ドーピング特別委員会は21日、ドーピング違反で6カ月の..... [ 記事へ ]

      経済

      規制強化で金融の事業主体が一変
      野村HDの永井CEO

      20180921000108

       野村ホールディングス(HD)の永井浩二グループ最高経営責任者(CEO)(59)が21日..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      京都の寺社に人出戻る 台風21号襲来、境内復旧も進む

      20180921000072

       台風21号の襲来から2週間以上がたち、復旧が進んだ京都の寺社で3連休には拝観再開が相次..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS血小板輸血を了承、厚労省
      京都大の計画

      20180921000106

       厚生労働省の専門部会は21日、さまざまな細胞に変化する人工多能性幹細胞(iPS細胞)か..... [ 記事へ ]

      国際

      米国の加州、プラ製ストロー禁止
      環境対策、州で初

      20180921000083

       【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニア州のブラウン知事は20日、環境保護のため、レス..... [ 記事へ ]