出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

原発避難計画、大半知らず 滋賀の30キロ圏住民アンケート

大飯原発の30キロ圏
大飯原発の30キロ圏

 関西電力大飯原発(福井県おおい町)から30キロ圏に暮らす滋賀県高島市の住民を対象に、京都新聞社が10日までに実施したアンケートで、滋賀県が策定した原発避難計画の「具体的内容を知らない」と回答した人が大半に上った。福島第1原発事故から7年を迎える中、原発再稼働に不安を抱える住民は半数を超えた。

 今月上旬の2日間、同市朽木の山間部集落で住民35人から聞き取った。県によると、大飯原発の30キロ圏には同市朽木と今津町で計537人(昨年4月時点)が住民票を置いている。

 県避難計画の存在を「知らない」と答えた人は21人(6割)。「知っている」は14人いたが、内容を把握しているのは3人にとどまった。計画の存在と内容を「知らない」は計32人で、全体の9割を超えた。

 関電は大飯原発3号機を14日にも再稼働する方針だが、アンケートでは5割超の19人が「再稼働に不安を感じる」と回答した。「感じない」は13人で、無回答も3人いた。避難計画の設問と合わせると、計画の存在を「知らない」人の6割が不安を感じていたが、「知っている」では4割とやや低くなった。

 「自宅が30キロ圏内と知っているか」では、大半の34人が把握していた。食料備蓄や避難手順の確認など「原発事故への備えをしているか」では、「していない」が29人だった。

【 2018年03月11日 08時53分 】

ニュース写真

  • 大飯原発の30キロ圏
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      WBC、ネリの資格回復
      体重超過で王座剥奪

      20180922000030

       世界ボクシング評議会(WBC)は21日、体重超過で王座剥奪となり、6カ月の資格停止処分..... [ 記事へ ]

      経済

      京都の旅「ロボホン」がガイド タクシーで観光地巡り

      20180922000020

       タクシー会社のエムケイ(京都市南区)やJTBなどは、シャープ製のモバイル型ロボット「R..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      替え歌で笑い、元芸人が話題 京都の「あいぞう」さん

      20180922000029

       ♪あなたと越えたい 天引峠~  京都府南丹市の会社員森田愛三さん(43)が、南丹市の地..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      室戸台風、校舎倒壊の恐怖語る 京都の小学校で90歳女性

      20180921000187

       室戸台風の襲来から84年目となる21日、校舎倒壊で多数の犠牲者が出た京都府、滋賀県の小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      多彩な模様、遺伝子で決まり
      テントウムシの羽で特定

      20180921000163

       テントウムシの一種「ナミテントウ」の多彩な羽の模様は、「パニア」と呼ばれる一つの遺伝子..... [ 記事へ ]

      国際

      中国がドミニカに大使館開設
      5月に台湾と断交

      20180922000019

       【リオデジャネイロ共同】5月に台湾と断交し、中国と外交関係を結んだカリブ海のドミニカ共..... [ 記事へ ]