出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

種子法4月廃止、独自要綱策定し継続へ 滋賀

 コメなど主要な農作物の種子を安定供給するために都道府県の役割を定めた「主要農作物種子法(種子法)」が4月に廃止されることを受け、滋賀県は12日、新たに県独自の要綱を策定し、原種の保管などこれまでの取り組みを継続する方針を明らかにした。法の廃止に伴う影響を懸念する農家の要望に応える。

 種子法は、食料増産に向けて優良な種子を普及させるため1952年に制定。コメと麦、大豆について、県に奨励品種の調査や種子の基となる原種の生産を義務付けている。種子の品質が安定したことや、民間企業が種子生産に参入しにくいことを理由に、昨年の通常国会で廃止が決まった。

 一方で、県内で生産されるコメの89%は、種子法に基づき農協を通じて供給される種子を使用しており、生産者から種子の安定供給や価格に影響が出るのを懸念する声があった。県は今月中に要綱を策定し、種子法とほぼ同様の内容を引き継ぐという。

 県農業経営課は「『民間業者から種を買わなければならないのか』といった不安の声も寄せられていた。優良な種子を農家に提供する体制をこれまで通り守っていきたい」としている。

【 2018年03月12日 22時50分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース

      スポーツ

      ラグビーW杯、世界驚かすプレーを 坂田・関西協会長

      20180923000049

       アジア初開催となるラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会開幕が、20日であ..... [ 記事へ ]

      経済

      中学生の修学旅行先、京都7割 17年、体験学習先が充実

      20180923000051

       2017年に修学旅行で京都市を訪れた中学生が過去最多を更新し、中学生の修学旅行先として..... [ 記事へ ]

      観光・社寺

      コスモス色とりどり、秋空に映え 京都・亀岡

      20180923000045

       京都府亀岡市吉川・曽我部両町の「京都丹波/亀岡 夢コスモス園」が22日、オープンした。..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      室戸台風、校舎倒壊の恐怖語る 京都の小学校で90歳女性

      20180921000187

       室戸台風の襲来から84年目となる21日、校舎倒壊で多数の犠牲者が出た京都府、滋賀県の小..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      チンパンジー知性、どう探る 京大と連携、動物園が展示

      20180923000026

       動物と接することができるのは大自然の中だけではない。京都大野生動物研究センターは京都市..... [ 記事へ ]

      国際

      告発女性、議会証言に同意
      最高裁判事の性的暴力疑惑

      20180923000014

       【ワシントン共同】米連邦最高裁判事に指名されたブレット・カバノー氏(53)から性的暴力..... [ 記事へ ]