出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

酒気帯び事故で女性講師免職 仮眠後に運転「認識甘かった」

 愛知県教育委員会は10日、酒気帯び運転で事故を起こしたとして、県立特別支援学校の女性講師(30)を懲戒免職処分とした。

 県教委によると、講師は6月10日午前6時50分ごろ、群馬県千代田町の県道で対向車に接触。呼気から基準値を超えるアルコールが検出され、道交法違反(酒気帯び運転)容疑で同県警に現行犯逮捕された。同県内の実家に帰省中で、同日午前2時ごろまで友人と飲食店で飲酒し、コインパーキングに止めてあった車内で仮眠した後、運転したという。

 県教委の聞き取りに「アルコールに対する認識が甘かった」と話しているという。

【 2018年08月11日 07時19分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース