出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

女川町新庁舎がお披露目、宮城
高台移転、災害拠点にも

 東日本大震災から7年5カ月となる11日、津波で庁舎が被災した宮城県女川町が、高台に再建した新庁舎を町民にお披露目した。併設された音楽ホールは災害時、避難場所や支援物資の仮置き場に活用するなど、対策拠点の機能も備えている。新庁舎での業務は9月25日から。

 町によると、新庁舎は鉄骨3階建て。傾斜地にあり、津波が来た時には庁舎より低地にあるJR女川駅や商店から、高台にある住宅地側への避難ルートにもなる。

 一時預かりもできる子育て支援センターや図書室もあり、延べ床面積は約8390平方メートル。総工費約42億9千万円の大半は補助金など国の財源で賄った。

【 2018年08月11日 15時51分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース