出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

校内で女子小学生にキス、教諭を免職 「心配が高じた」

 山口県教育委員会は30日、勤務する小学校の女子児童にキスなどのわいせつな行為をしたとして、県内の公立小学校に勤務する40代の男性教諭を懲戒免職処分にした。

 県教委によると、教諭は生徒指導の担当。昨年11月30日に校内の一室で、未提出の書類について女子児童を個別指導している際に抱き寄せてキスをした。2016年からこの日までに、10回程度軽く抱き寄せることもあった。女子児童の担任ではなく、授業も持っていなかった。

 教諭は「心配する気持ちが高じて思わず行為に及んでしまった。児童として特別な好意を持っていたが、異性としての好意ではない」と話しているという。

【 2018年08月30日 17時34分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース