出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

泊原発の状況連絡は地震1時間後
北海道電、地元4町村に

 最大震度7を観測した北海道の地震で、北海道電力が泊原発の状況について泊村など立地・周辺4町村に連絡したのは、地震発生から1時間以上経過した後だったことが12日、各自治体への取材で分かった。北海道電と道、4町村が結んでいる安全協定などでは、震度5弱以上の地震が観測された場合、直ちに連絡すると定めている。

 9月6日午前3時7分に発生した地震で、泊原発は外部電源を喪失し、非常用発電機で使用済み核燃料プールの冷却を続けていた。4町村によると、北海道電からの電話で状況を把握したのは岩内町が午前4時8分、神恵内村が同13分、泊村が同20分、共和町が同21分だった。

【 2018年10月12日 12時16分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース