出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

菅長官「日朝会談段取りが役割」
担当相兼務で拉致被害家族に

 拉致問題相を兼務することになり、拉致被害者家族との面会であいさつする菅官房長官(右)=12日午後、首相官邸
 拉致問題相を兼務することになり、拉致被害者家族との面会であいさつする菅官房長官(右)=12日午後、首相官邸

 内閣改造で拉致問題担当相を兼務することになった菅義偉官房長官が12日、拉致被害者家族11人を首相官邸に招き、面会した。菅氏は、日朝首脳会談を実現して解決を目指す政権の考えを改めて表明し「そのための段取りをつくっていくのが私の役割だ」と述べた。

 田口八重子さん=失踪当時(22)=の兄で家族会代表の飯塚繁雄さん(80)は米朝首脳会談などの情勢に触れ「このチャンスを生かしていこうというのは心強い。被害者を取り返すことに集中してほしい」と訴えた。

【 2018年10月12日 17時56分 】

ニュース写真

  •  拉致問題相を兼務することになり、拉致被害者家族との面会であいさつする菅官房長官(右)=12日午後、首相官邸
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース