出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

元義父、保護解除直後に暴行
12年前の傷害致死容疑事件

 送検のため、警視庁新宿署を出る堀田伸輔容疑者=9日午前8時9分
 送検のため、警視庁新宿署を出る堀田伸輔容疑者=9日午前8時9分

 約12年前に東京都内で、生後11カ月の女児が暴行されてその後死亡し、傷害致死容疑で義父だった堀田伸輔容疑者(42)が警視庁捜査1課に逮捕された事件で、母親の体調不良で施設に預けられた女児の保護が正式に解除された2日後に事件が起きたことが9日、東京都児童相談センターへの取材で分かった。同課は9日午前、堀田容疑者を送検した。

 センターは母親の相談を受け、死亡した桜井亜衣ちゃんを2006年6月、児童福祉法により都内の乳児院に一時的に入所させた。亜衣ちゃんは同年12月15日に自宅に戻り、同28日に正式に保護が解除。30日に堀田容疑者から暴行され、その後死亡した。

【 2018年11月09日 13時46分 】

ニュース写真

  •  送検のため、警視庁新宿署を出る堀田伸輔容疑者=9日午前8時9分
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース