出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

埼玉のムーミンパークが一部開業
メッツァの北欧雑貨などのエリア

 来場した幼稚園児と触れ合うムーミン(右端)=9日午前、埼玉県飯能市
 来場した幼稚園児と触れ合うムーミン(右端)=9日午前、埼玉県飯能市

 童話「ムーミン」の世界観や北欧のライフスタイルが楽しめるテーマパーク「メッツァ」(埼玉県飯能市)の一部となる無料エリア「メッツァビレッジ」が9日、開業した。オープニングセレモニーにはムーミンが登場し、来場者から大きな歓声が上がった。

 「メッツァビレッジ」は、豊かな森に囲まれた人造湖周辺に、北欧の雑貨や食品の店舗が入ったマーケット棟やレストラン棟などが並び、雑貨や工芸品の制作、湖でのカヌーなどが体験できる。

 メッツァはムーミンの作者トーベ・ヤンソンの故郷フィンランドの言葉で森を表し、敷地面積は約23・6ヘクタール。

【 2018年11月09日 11時41分 】

ニュース写真

  •  来場した幼稚園児と触れ合うムーミン(右端)=9日午前、埼玉県飯能市
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース