出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

停職重すぎ、処分取り消しと高裁
教諭のいじめ隠しで

 兵庫県姫路市立中で部活動でのいじめを隠すため同僚らに診断先の病院で虚偽の説明をするよう指示したなどとして、停職6カ月の懲戒処分を受けた元教諭の男性が、処分取り消しや約1320万円の損害賠償を県に求めた訴訟の控訴審判決で、大阪高裁は9日、請求棄却の一審神戸地裁判決を変更、処分を取り消し、慰謝料など55万円の支払いを命じた。

 判決理由で田中俊次裁判長は、病院に対しては隠すよう指示したが、いじめの報告が校長ら学校上層部に届いていたことから「隠蔽したとは評価できない。停職は重すぎる」と判断した。

【 2018年11月09日 20時41分 】

京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース