出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

高野豆腐の炊いたん <旬の献立を探しに>

高野豆腐の炊いたん
高野豆腐の炊いたん

<旬の献立を探しに 小平泰子>

 四季を通じて使える高野豆腐は、季節の食材で旬を取り入れて。

 【材料】(4人分)

高野豆腐(水戻し不要タイプのもの) 5個

キヌサヤ 5枚

金時にんじん 1/3本

A=だし600cc、薄口しょうゆ・みりん・日本酒各大さじ2、砂糖大さじ3

 【作り方】

(1)金時にんじんは型抜きなどで花の形にくりぬく。キヌサヤは筋を取り除き、熱湯でさっとゆでて水にさらしてパリッとさせる。

(2)鍋にAを入れて沸騰させ、高野豆腐と金時にんじんを入れて落としぶたをし、火を弱めて10分ほど煮る。

(3)器に盛り、キヌサヤを飾る。

 ◆小平泰子 こひら・やすこ 1977年京都市生まれ。旬の食材を使い、欧米やエスニック風などさまざまなジャンルの料理に京都で育まれた生活の知恵、始末の心を取り入れたレシピを考案。中京区烏丸三条と東京・日本橋で料理教室を開く。著書に「京都おかず菜時記」がある。

【 2019年01月09日 14時10分 】

ニュース写真

  • 高野豆腐の炊いたん
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース