出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

JR亀岡駅など5駅で路上喫煙禁止に 違反者は千円徴収

JR亀岡駅周辺の路上喫煙禁止区域※赤色=違反者から千円を徴収する道路※黄色=路上喫煙禁止を強く呼び掛ける区域
JR亀岡駅周辺の路上喫煙禁止区域※赤色=違反者から千円を徴収する道路※黄色=路上喫煙禁止を強く呼び掛ける区域

 京都府亀岡市は、違反者から千円を徴収する路上喫煙禁止区域に、JR亀岡駅をはじめとする市内5駅周辺の道路を指定する方針を決めた。2019年7月1日から適用するという。

 市は受動喫煙や子どものやけど防止のため、路上喫煙規制条例を2018年7月1日に施行した。罰則を適用する禁止区域について検討してきた。

 市によると、JR亀岡駅と馬堀駅の南側、並河駅と千代川駅の東西両側、トロッコ亀岡駅の南側をそれぞれ指定するとし、京都スタジアム(仮称)建設が進む亀岡駅北側は20年春の完成前に追加指定する方針。禁止区域は公道に限り、私有地は対象外となる。

 市は2019年1月に正式決定し、案内看板を設置して駅利用者に周知を徹底する。違反者を取り締まるため、府警OBを嘱託職員として採用することも検討し、市職員も巡回する予定だ。

 JR亀岡駅と馬堀駅前に設置する屋外喫煙スペースを巡り、市民から「存続か廃止か」について、さまざまな意見が寄せられてきたが、喫煙者への配慮と同時にポイ捨てを防ぐため、存続を決めた。市健康増進課は「受動喫煙防止の観点から、喫煙スペースの場所を再検討し、喫煙者、非喫煙者ともに理解が得られるようにしたい」としている。

【 2019年01月10日 11時41分 】

ニュース写真

  • JR亀岡駅周辺の路上喫煙禁止区域※赤色=違反者から千円を徴収する道路※黄色=路上喫煙禁止を強く呼び掛ける区域
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース