出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

北九州市長選が告示
現職、新人の3氏届け出

 (左から)北橋健治氏、秋武政道氏、永田浩一氏
 (左から)北橋健治氏、秋武政道氏、永田浩一氏

 任期満了に伴う北九州市長選は13日告示され、いずれも無所属で、共産党福岡県常任委員の新人永田浩一氏(53)=共産推薦=と、4選を目指す現職北橋健治氏(65)、水産加工会社社長の新人秋武政道氏(58)の3氏が立候補を届け出た。北橋氏の3期12年の市政に対する評価などが主な争点で、27日投開票される。

 北橋氏は政党の推薦は受けないが、自民、公明両党や国民民主党系の市議会与党3会派から支援を取り付け、事実上の相乗りとなった。

 永田氏は、中小企業支援や暮らし優先の市政運営を主張する。

 秋武氏は、これまでの町づくりの経験を生かしたいとアピールしている。

【 2019年01月13日 09時56分 】

ニュース写真

  •  (左から)北橋健治氏、秋武政道氏、永田浩一氏
京都新聞デジタル版のご案内

    地域の政治・社会ニュース

    全国の政治・社会ニュース