出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

洋ラン、華麗咲きそろい  滋賀・草津で最大級フェスタ

カトレアなど洋ランが並ぶ会場(草津市下物町・水生植物公園みずの森)
カトレアなど洋ランが並ぶ会場(草津市下物町・水生植物公園みずの森)

 滋賀県内最大級のラン展「滋賀洋らんフェスタ2018」が10日、草津市下物町の水生植物公園みずの森で始まった。紫や白の華麗な花が咲きそろい、来園者の目を引いている。

 県内の愛好家団体や同公園などでつくる実行委員会が毎年開いており、愛好家が丹精込めて育てた約250点が並んだ。

 「洋ランの女王」と呼ばれるカトレアを中心に食虫植物のような袋状の花弁を持つパフィオぺディルムや青色の大輪を咲かせたバンダなどもある。訪れた人たちは花にカメラを向けたり、顔を近づけて甘い香りを楽しんだりしていた。

 14日まで。要入園料。期間中は洋ランの販売や植え替えの実演講習会もある。

【 2018年01月11日 09時10分 】

ニュース写真

  • カトレアなど洋ランが並ぶ会場(草津市下物町・水生植物公園みずの森)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース