出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

絶品かきグルメ、食べに来て 京都・舞鶴でキャンペーン

さまざまなスタイルの舞鶴かき丼を手にする提供店の関係者(京都府舞鶴市北吸・市役所)
さまざまなスタイルの舞鶴かき丼を手にする提供店の関係者(京都府舞鶴市北吸・市役所)

 舞鶴の冬の味覚「マガキ」のシーズンが本格化するのに合わせ、「舞鶴かきグルメキャンペーン」が13日から京都府舞鶴市内で始まる。その一環で、卵とじやフライ、あんかけチャーハンなどさまざまなスタイルの「舞鶴かき丼」が12の飲食店で提供される。

 キャンペーンは市水産協会などでつくる協議会が毎冬に実施しており、3月末まで。舞鶴かき丼は、5個以上の舞鶴産マガキや舞鶴かまぼこの使用などの条件があり、各店が950~1650円で販売する。

 協議会は、マガキの料理を出したり、販売をしたりする店の紹介マップを2万部作成。市内外の観光施設などで無料配布している。問い合わせは、まいづる観光ステーション0773(75)8600。

【 2018年01月12日 10時10分 】

ニュース写真

  • さまざまなスタイルの舞鶴かき丼を手にする提供店の関係者(京都府舞鶴市北吸・市役所)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース