出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

住宅支援終了1年「この地で生きていく」 京都への避難女性

原さんが大切にする花の一つのカンパニュラ。福島県で育てていた花は残してきた(宇治市大久保町)
原さんが大切にする花の一つのカンパニュラ。福島県で育てていた花は残してきた(宇治市大久保町)

 東京電力福島第1原発事故で福島県郡山市から京都府宇治市に移り住んだ原香代子さん(67)。避難者向けの住宅支援が昨年春で終わり、一般の人と同じ条件で府営住宅で暮らし始めて1年を迎えた。東日本大震災の発生から7年。この地で生きていく決意を語る。

 原さんは2010年秋に定年退職した。会社勤めのころから、1年を通して花が咲くよう、自宅の庭を整えていた。退職後は花を育て、母の世話をして、ゆっくり過ごそうと思っていた。

 その矢先の震災。自宅から約50キロの原発で起きた事故に不安が募り、当時、会社員だった長男(41)が探し当てた府営住宅(宇治市大久保町)に11年4月初め、共に身を寄せた。長男も勤務先を退職しての移住だった。

 その時、庭のない団地で育てるのは無理だろうと、育てた花は郡山市に置いてきた。

 宇治市でパートの仕事を続ける。府営住宅でも、以前より少ないがパンジー、ビオラの鉢植えを部屋やベランダに並べた。「花を見ていると幸せ」。以前と同じ楽しみを感じられるようになった。

 震災から7年。数々の転機を迎えた。

 自主避難先の公営住宅が無償提供される制度が昨年春に終わるのを前に、府営住宅にあらためて応募し、昨年1月に移った。家賃や町内会費の免除は、もうない。将来、収入が年金だけになった時のことを考えると不安だが、「もう『避難者』じゃない。自立できた気持ち」と前を向く。

 一方で、古里との距離を痛切に感じる。90代の母は福島県喜多方市で兄夫婦と暮らす。帰省した時、母が「地震がなければおまえと居られた。地震を恨む」と漏らしたことがあった。「こんなことがなければ福島で生活が続けられたのに」と思う気持ちは消えない。

 さまざまな思いを胸に、諦めず、「ずっとここで暮らしていく」との思いを新たにしている。

【 2018年03月11日 13時06分 】

ニュース写真

  • 原さんが大切にする花の一つのカンパニュラ。福島県で育てていた花は残してきた(宇治市大久保町)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース

      政治・社会

      京都市、町家に独自安全基準 木製の雨戸利用にめど

      20180921000099

       京町家を本来の意匠や構造を残したまま保存しようと、京都市が建築基準法に代わり独自に運用..... [ 記事へ ]

      スポーツ

      選手の理解は困難とJADA専務
      反ドーピング、ロシア処分解

      20180921000113

       ロシアの国ぐるみのドーピング問題で、日本アンチ・ドーピング機構(JADA)の浅川伸専務..... [ 記事へ ]

      経済

      規制強化で金融の事業主体が一変
      野村HDの永井CEO

      20180921000108

       野村ホールディングス(HD)の永井浩二グループ最高経営責任者(CEO)(59)が21日..... [ 記事へ ]

      教育・大学

      手作りマスコットで、動物助けたい 京都の専門学生

      20180919000036

       京都動物専門学校(京都市伏見区)の生徒たちが、動物のマスコット人形を毛糸で手作りし、イ..... [ 記事へ ]

      環境・科学

      iPS血小板輸血を了承、厚労省
      京都大の計画

      20180921000106

       厚生労働省の専門部会は21日、さまざまな細胞に変化する人工多能性幹細胞(iPS細胞)か..... [ 記事へ ]

      国際

      米国の加州、プラ製ストロー禁止
      環境対策、州で初

      20180921000083

       【ロサンゼルス共同】米西部カリフォルニア州のブラウン知事は20日、環境保護のため、レス..... [ 記事へ ]