出版案内
福祉事業団
京都新聞AR

鳥やUFO出現、ガラス窓にぎやかに 京都、児童ら描く

窓いっぱいに描かれた絵を見る子どもたち(京都府長岡京市神足2丁目・バンビオ1番館)
窓いっぱいに描かれた絵を見る子どもたち(京都府長岡京市神足2丁目・バンビオ1番館)

 京都府長岡京市神足2丁目のバンビオ1番館内のガラス窓に、空をイメージした絵が描かれている。子どもたちが自由な発想で描いた太陽や星が、窓をにぎやかに彩り、来訪者の目を楽しませている。

 市中央生涯学習センターの夏休み企画でこのほど、幼児や小学生ら27人が参加し、ガラス窓(幅1・9メートル、高さ3メートル)7面に描いた。クレヨンや青、黄色のアクリル絵の具を使い、空の中の様子を描いた。

 プール教室帰りに同館に寄ったという島本町東大寺2丁目の市原隆寛ちゃん(4)たちは「UFOみっけ!」「鳥さんみーつけた!」と指をさしながら遊んでいた。同センターによると、絵は19日まで見ることができる。

【 2018年08月11日 17時00分 】

ニュース写真

  • 窓いっぱいに描かれた絵を見る子どもたち(京都府長岡京市神足2丁目・バンビオ1番館)
京都新聞デジタル版のご案内

    観光・社寺のニュース